(法第10条第1項第5号関係)

設 立 趣 旨 書

1 趣 旨
子どもを取り巻く家庭環境が大きく変化し、子どもたちは様々な人との関わりのなかで育つ機会が少なくなってきています。それは、昨今増加しているひとり親家庭だけでなく、核家族の共働き家庭でも同じ状況となっており、とりわけ心身をつくる大切な「食」に関して、家庭内での孤食化が進み、問題視されています。
一方、貧困による「食」の問題も深刻化し、子どもの1人あたりの食費が一日329円(2014.9.25NHK放送;貧困問題に取組むNPOと新潟県立大学の共同調査から)と、こどもの心身の発達に必要な栄養が十分にとれない程に食費が圧迫されている実態があきらかになりました。
そこで、まずは身近な地域の子どもたちに、人とのふれあいを通じて「あたたかい食事」、「安心してすごせる居場所」を提供したいと考え、子どもがひとりでも立ち寄れる「子ども食堂」を開設します。
そして、そのような子どもたちの将来が、生まれ育った家庭事情に左右されることのないよう「貧困の連鎖」を断ち切ることが喫緊の課題となっています。
そこで、まずは身近な地域の子どもたちに、「子ども食堂」という居場所のなかでボランティアによる学びの支援を実施します。
その活動費を会費、寄付金で募るため、NPO法人になることで社会的信用を得やすくなります。法人を対象とした助成金の機会が得られますので法人設立いたします。

2 申請に至るまでの経過
平成27年7月28日 任意団体にいがた子育ちステイション設立
平成27年8月19日 NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク
要町あさやけこども食堂視察
平成27年12月17日 藤見団地集会所にて、にいがた「ふじみ子ども食堂」プレオープン
平成27年12月29日 設立総会の開催
平成28年1月14日 にいがた「ふじみ子ども食堂」オープン
以後、第2,4木曜日に、にいがた「ふじみ子ども食堂」を運営
平成28年7月25日特定非営利活動法人にいがた子育ちステイション設立

平成28年7月25日

特定非営利活動法人にいがた子育ちステイション

理事長

氏名 立松 有美

にいがた子育ちステイションの定款についてはPDFにてこちらからご覧になれます。⇒
特定非営利活動法人 にいがた子育ちステイション 定款